事業者様向け支援サービス

SDS®試験

地盤判定の要!
土質までも明らかにする
次世代の地盤調査
SDS®試験
SWS(スウェーデン式サウンディング)試験を進化させた新しい調査方法。
低コスト、短納期で土質の推定が行えるので地盤事故を減らす技術としてさらに需要を高めています。
SDS試験
土質がわかる新しい地盤調査 SDS スクリュードライバーサウンディング試験 25万棟突破

01 ボーリング調査に匹敵する精度で土質判定

従来のSWS試験ではわからない「土質」がわかる画期的な試験法です。
SDS®試験とは、地盤の土質をより正確に判断し、的確な地盤評価を支援するための試験法です。従来のSWS試験では「ジャリジャリ」などの音で土質(ローム・砂質土・粘性土・腐植土・盛土)を推定していました。これに対し、SDS®試験ではトルクなどのパラメータや地形条件、近隣ボーリングデータなどを参考に、土質の推定精度を高めることに成功しました。SDS®試験は特許技術を使用するとともに、一般財団法人ベターリビングの建設技術審査証明も取得しています。
※ボーリングによる採取試料から実施した、粒度試験による土質判別(砂・粘性土など)とSDS®試験から統計的に判別した土質との相関は85%以上の精度を持っています。
SWS試験
スウェーデン式サウンディング試験
SDS®試験
スクリュードライバーサウンディング試験
説明 SWS試験
ロッドの先端にかかる荷重(もしくは回転数)により地盤の強度を測定する。
SDS試験
ロッドの先端にかかる荷重、1回転の沈下量、また25cm貫入毎にロッドを1cm引き上げてその際の最大・最小・平均トルクを計測。周面摩擦の影響を回避してその深度の土そのものの強度を測定できる。
測定項目数 1成分 3成分
測定項目 重荷:Wsw(または回転数:Nsw) 重荷:Wsw、回転トルク:T、1回転の沈下量:σ
25cm毎測定点数 1点 1~7点

02 土質がわかれば、コストダウンにも貢献!

SDS®試験は、土質を判定できるので、地盤事故の低減に貢献するとともに、良質地盤で杭を打つといった過剰設計(補強工事)の低減によりコストダウンにもつながります。
  • 過小評価
    Case1/地盤事故
  • 過剰評価
    Case2/良質地盤に補強工事

03 水位測定を併せて行えば、液状化リスク調査も可能!

液状化の影響度は、土質、土の締まり具合、水位の高さで判定されます。
※小規模建築物基礎設計指針簡易判定法
小規模建築物基礎設計指針簡易判定法

SDS®試験3つのポイント

SDS®のマークについて

ブランドマークの意味
回転しながら掘り進んでいくSDS®の態様と、今まで分からなかった地盤の様子(不明=黒)が明らか(さわやかな青)になることを表しています。
また矢印はSDS®によって地盤の品質、ひいてはその土地に暮らす人々の生活が向上することを願い、右上方向を指し示しています。
SDSロゴ
SDS®試験によって地盤検査を行い、ジャパンホームシールドが解析・評価した物件には、安心の証しとして地盤調査報告書に右のロゴマークが付与されます。
SDS®のロゴの使用についてはこちら
土質がわかる新しい地盤調査。SDS Analyzed by JHS