事業者様向け支援サービス

住宅インスペクション

住宅インスペクション
住宅インスペクションとは、住宅の設計や施工に精通した専門家が第三者の立場で建物の状況を調査し、 欠陥の有無や住宅の不具合、補修すべき箇所を診断するものです。住宅インスペクションには建物状況調査、 耐震診断、かし保証検査、雨漏り調査といった目的に応じた調査があります。
建物状況調査(戸建住宅・マンション)
建物状況調査とは、国土交通省の定める講習を修了した建築士が、建物の基礎、外壁など建物の構造耐力上主要な部分 及び雨水の侵入を防止する部分に生じているひび割れ、 雨漏り等の劣化・不具合の状況を把握するための調査です。
宅地建物取引業法の改正により、2018年4月以降は、媒介依頼者(売主・買主)に対する建物状況調査の制度説明や希望に応じた検査事業者の斡旋、重要事項説明における説明などが不動産会社に義務付けられました。

住宅インスペクションのポイント

信頼の住まいづくりに、JHSの住宅検査。 住宅インスペクションのポイント

主な検査項目(戸建住宅)

主な検査項目

住宅メンテナンス計画

点検・検査スケジュールの一例です。建築事業者様のメンテナンス計画に応じてカスタマイズすることが可能です。

住宅メンテナンス計画

点検業務の流れ

下表のような流れで、JHSよりお客様へご案内します。

点検業務の流れ

リフォーム長期優良化の概要

今後、国も既存住宅の長期優良化を進めていく中で、「事前のインスペクション」「住宅履歴の管理」が注目されています。

リフォーム長期優良化の概要

その他のサービス