事業者様向け支援サービス

建物基礎応力検討による地盤改良設計

B-STR(B-ストラ)

B-STRとは、基礎(BASE)と杭工事の設計を構造計算(STRUCTURAL DESIGN)により最適設計するシステムです。
構造計算による基礎と地盤の相互検討を行い、負荷荷重に応じて基礎の断面と最適な杭の配置をご提案します。

【 特許取得 特許第568652号 】
特許取得 特許第568652号

地盤改良設計【B-STR】計算ロジック

建物基礎の応⼒検討を⾏い、改良杭の配置と基礎の補強を⾏います。

1. 建物荷重を算出します各建築事業者の事情に合わせて、計算を⾏います
建物荷重を算出します
■採用できる建物荷重
  • 計算
    • 等分布荷重(B-STR)
    • 各種構造計算ソフトの値
  • 保険法⼈等の荷重
    (図⾯が揃わない場合など)
2. 建物荷重を基礎に伝える
建物荷重を基礎に伝える
■基礎への荷重負担の方法
  • ⻲甲割り
  • 柱軸⼒から基礎⽴上り
  • 基礎区画ごとの荷重
M図のイメージ
3. 改良杭の適切な位置・ピッチを計算で求めます
■基礎立上り 応力計算
基礎立上り 応力計算
■スラブ 応力計算
スラブ 応力計算
B-STRにより最適化された杭配置例
B-STRにより最適化された杭配置例

建物荷重の負担の大きさにより、
バランスよく杭を配置します。

地盤改良設計【B-STR】+複合地盤

杭状地盤補強の支持と基礎直下の地盤の支持力を加味した設計方法。

地盤改良設計【B-STR】+複合地盤 【 技術審査証明 BL 審査証明-023 】

【 技術審査証明 BL 審査証明-023 】
(地盤サポートシステムも含みます)

B-STR管理システム
建物から基礎・地盤改良までを一体で評価した、最も経済的でバランスの良い設計に加え、確かな杭工事実現のために徹底した工事管理を行います。
B-STR管理システム

地盤改良設計【B-STR】+SDS試験

B-STR(地盤改良設計)改良杭の⽀持⼒の算出にSDS試験のデータを用いることで、最も適切な改良杭の支持力・杭長を導き出すことができます。

SWS試験
SWS試験

推定土質:粘性土
改良杭の支持力:約30kN/本

SDS試験
SDS試験

推定土質:砂質土
改良杭の支持力:約50kN/本

B-STR