用語解説

あ行

圧密沈下(あつみつちんか)
土に外部から圧力が加わると、土は圧縮され、ひずみが生じる。土は土粒子と水と空気で構成されて、飽和状態にある透水性の低い粘土は、外部からの圧力を受けても直ぐに圧縮せずに、長時間かけて圧縮する。これを圧密といい、圧密により地盤が沈下することを圧密沈下という。
埋立地(うめたてち)
埋め立てられた土地
液状化(えきじょうか)
地下水位が高く緩い砂地盤では、地震が発生すると粒子間の水圧が急上昇して強度を失い、液状のようになる現象を『液状化』という。
N値(えぬち)
ボーリング調査に伴う標準貫入試験により測定される、地盤の強度を表す指標のひとつ。ロッド(鉄管)の先端にサンプラー(土の採取用部品)を付け、重さ63.5kgのハンマーを76cmの高さから落下させ、サンプラーが30cm貫入するのに必要な打撃回数のこと。基本的には、数値が大きいほど硬く締まった地盤と判断できる。
オートマチックラムサウンディング
(おーとまちっくらむさうんでぃんぐ)
オートマチックラムサウンディングは、スウェーデンで開発され、1974年に日本に導入された試験方法。試験は、専用ロッドの先に先端角90度、外径45mmのコーンを取り付け、自動連続貫入装置で貫入していき、貫入量20cmごとの打撃回数を測定。さらに、決められた貫入量ごとにトルクを測定し、打撃回数の補正を行ってNd値とする。補正後のNd値は標準貫入試験のN値とほぼ同じであるといわれている。