LIXIL
ジャパン・ホームシールド株式会社

おかげさまで15,00,000棟


社長メッセージ

ジャパンホームシールド株式会社
代表取締役社長

150万棟記念ムービー


SPECIAL CONTENTS

感謝の気持ちをこめて、
2つの情報サイトを立ち上げました。
お客様にとって有益な情報を
お届けしてまいりたいと思いますので、
ぜひご活用ください。

住宅着工レポート
JHS LIBRARY

150万棟を支えた
JHSの調査解析

安全・安心な住まいづくりのために

調査地の地盤に精通した
“地盤調査員”

これまでの調査データや研究から明らかになってきたその土地の地盤特性にあわせ、補足調査や調査深度を調整するなど、当社ならではの万全な調査を行っています。
(一社)全国住宅技術品質協会※では、安全会議や技術研修会を定期的に開催し、住宅のさらなる安全・安心を目指して活動しています。
※地盤会社326社、検査会社36社、測量会社60社などの協力会社と当社で構成される

「沈下事故を起こさない」「過剰な杭を打たない」
解析技術を磨き続ける“地盤解析部”

膨大な地盤情報に経験豊富なスタッフの知見を組み合わせ、一棟ごとに最適な地盤対策を提案しています。

実は、地盤の良し悪しは現地調査データの数値だけではわかりません。その土地の安全性は別の要素からも分析する必要があるのです…

宅地地盤の課題を技術で解決する
“地盤技術研究所”

地盤調査の夜明けを支えた
4人の研究者

授与式出席者:写真左より 末政直晃(東京都市大学)、大和眞一(ジャパンホームシールド株式会社)、山添重博※(日東精工株式会社)、田中剛(東京都市大学)、敬称略※代理出席

ーSDS試験法の開発が地盤工学会賞を受賞

本技術は、従来の地盤調査試験法の課題である土質判定の困難さを克服する方法として当社と東京都市大学、日東精工(株)により開発されました。住宅の地盤調査として有用性が高く、住宅地盤の課題を解決する方法と評価されました。


数字で見るJHS

ー地盤編ー

※宅地の造成・不動産会社や住宅メーカー様などと住宅及び宅地取得者の間に立ち、地盤の評価(品質判定)に関わる調査・試験の立案、調査結果に基づく適切な評価と対策工の提案等を行う能力を有する技術者


わたしたちは、
もうすぐ30周年を迎えます。

地盤に品質保証を付加するという仕組みを
日本で初めて作ったパイオニアとして、
創業以来、蓄積してきた実績を活かし、
住まいづくりに関わる多彩なサービスを
ご提供してきました。

わたしたちはこの先も、
豊かで快適な住生活の未来に貢献するため、
お客様に信頼いただける
技術とサービスを追求し続けます。

日本の地盤を守り続けて150万棟

※日本国内の新築着工【木造(持家・分譲)、プレハブ(鉄骨造・鉄筋コンクリート造)】における2017年度地盤解析実績件数において(自社調べ)