サービス

  • TOP
  • SDS®試験

ボーリング調査に匹敵する精度で土質判定

従来のSWS試験ではわからない「土質」がわかる画期的な試験法です。

SDS®試験とは、地盤の土質をより正確に判断し、的確な地盤評価を支援するための試験法です。従来のSWS試験では「ジャリジャリ」などの音で土質(ローム・砂質土・粘性土・腐植土・盛土)を推定していました。これに対し、SDS®試験ではトルクなどのパラメータや地形条件、近隣ボーリングデータなどを参考に、土質の推定精度を高めることに成功しました。SDS®試験は特許技術を使用するとともに、一般財団法人ベターリビングの建設技術審査証明も取得しています。

※:ボーリングによる採取試料から実施した、粒度試験による土質判別(砂・粘性土など)とSDS®試験から統計的に判別した土質との相関は85%以上の精度を持っています。

土質がわかれば、コストダウンにも貢献!

SDS®試験は、土質を判定できるので、地盤事故の低減に貢献するとともに、良質地盤で杭を打つといった過剰設計(補強工事)の低減によりコストダウンにもつながります。

水位測定を併せて行えば、液状化リスク調査も可能!

液状化の影響度は、土質、土の締まり具合、水位の高さで判定されます。※小規模建築物基礎設計指針簡易判定法

お問い合わせはこちらから

SDS®のマークについて

■ブランドマークの意味
回転しながら掘り進んでいくSDS®の態様と、今まで分からなかった地盤の様子(不明=黒)が明らか(さわやかな青)になることを表しています。
また矢印はSDS®によって地盤の品質、ひいてはその土地に暮らす人々の生活が向上することを願い、右上方向を指し示しています。

SDS®のロゴの使用についてはこちら

  • 地盤調査・解析・対策
  • 地盤サポートシステム
  • 地盤調査
  • 地盤解析
  • 地盤対策
  • SDS®試験
  • SDS®試験
  • SDS®試験の効果を検証する
  • SDS®ロゴの使用について
  • 液状化判定
  • 液状化判定
  • 基礎設計
  • 基礎地業設計(構造計算による杭配置)
  • 直接基礎設計
  • 片持ち梁基礎設計
  • 深基礎設計
  • 敷地現況測量・役所調査
  • 敷地現況測量・役所調査
  • 住宅検査(ホームインスペクション)
  • 建物検査システム
  • 定期点検サービス
  • 住宅インスペクション
  • 住まいづくりをサポートする多彩なサービスメニュー
  • 暮らしを守る「土地情報レポート」
  • 土壌汚染調査
  • 地震保障プラン
  • 太陽光発電架台用基礎
  • 特殊建築物等定期報告制度
  • 省エネ法に基づく定期報告制
  • 地質がわかる新しい地盤調査。SDS®試験
  • 各種資料ダウンロード
  • Q&A
  • 地盤その他の関連情報