サービス

  • TOP
  • 省エネ法に基づく定期報告制度

省エネ法に基づく定期報告制度

省エネ法に基づき、建築物の所有者等は、
建物の維持保全状況を定期報告する義務があります。

省エネ法に基づく定期報告制度とは

平成21年4月1日の省エネ法改正により、建築物の所有者(管理者)は3年ごとに建築物の維持保全状況(点検内容は、外壁・窓・設備等。詳しくはこちら)を所管行政庁に報告することが義務付けられました。同時に所有者(管理者)の利便性を考慮し、所有者(管理者)に代わって登録建築物調査機関が建築物調査をすることで、報告書の提出を免除されることになりました。

対象建物と報告時期

平成22年4月1日から、床面積が300m2以上の建物は新築・増改築等の際、省エネ措置の届出と定期報告が必要になりました。

【対象建物】

住宅 ・延床面積2,000m2以上(平成18年4月以降に省エネ措置の届出)
住宅以外 ・延床面積2,000m2以上(平成15年4月以降に省エネ措置の届出)
・延床面積300m2以上2,000m2未満(平成22年4月以降に省エネ措置の届出)

【報告時期】
届出後、3年以内ごとに必要となります。

  • 第一種特定建築工事物 スケジュール例(2,000m2以上)

    第1種特定建築工事物

  • 第二種特定建築工事 スケジュール例(300m2以上2,000m2未満)

    第2種特定建築工事物


調査業務の詳細を見る

  • 地盤調査・解析・対策
  • 地盤サポートシステム
  • 地盤調査
  • 地盤解析
  • 地盤対策
  • SDS®試験
  • SDS®試験
  • SDS®ロゴの使用について
  • 液状化判定
  • 液状化判定
  • 基礎設計
  • 基礎地業設計(構造計算による杭配置)
  • 直接基礎設計
  • 片持ち梁基礎設計
  • 深基礎設計
  • 敷地現況測量・役所調査
  • 敷地現況測量・役所調査
  • 住宅検査(ホームインスペクション)
  • 建物検査システム
  • 定期点検サービス
  • 住宅インスペクション
  • 住まいづくりをサポートする多彩なサービスメニュー
  • 暮らしを守る「土地情報レポート」
  • 土壌汚染調査
  • 地震保障プラン
  • 太陽光発電架台用基礎
  • 特殊建築物等定期報告制度
  • 省エネ法に基づく定期報告制
  • 省エネ法に基づく定期報告制
  • 地質がわかる新しい地盤調査。SDS®試験
  • 各種資料ダウンロード
  • Q&A
  • 地盤その他の関連情報