サービス

  • TOP
  • 敷地現況測量・役所調査

敷地現況測量・役所調査

敷地現況、法規制等を詳細に調査します。※東京・神奈川・千葉・埼玉のみ

地盤調査との同時進行で、スピーディに対応できます。

敷地調査は、建物の企画・設計を進めていく上で基礎的な情報・資料となります。現地では敷地形状や道路状況、近隣状況などを確かめ、写真撮影なども含めて現況を記録・確認。また、役所等で、その土地に対する法規制や建築に必要な手続き等をチェックし、建築可能な建物の用途・規模などを調査します。ジャパンホームシールド(以下、JHS)ではこれら調査を地盤調査と同時に進行するため、スピーディな対応が可能です。

■特徴

1.
地盤調査と同時に実施し、スピーディに結果を報告します。
2.
詳細なデータと資料写真を貼付し、わかりやすい報告書を提出します。
3.
精度の高い測量結果に基いて設計することで、より具体的なプラン提案が行えます。

■主な調査項目

敷地調査

 

現況測量(現況測量図・求積図)
・道路と道路に接する現況
・敷地境界線沿いの現況
・計画地内の現況
・真北測定
写真撮影
・敷地全景
・道路状況
・測定点
・近隣状況
・その他特記すべき状況等

役所調査

 

法律関係調査事項
1.都市計画(市街化区域・市街化調整区域)
2.用途地区
3.防火地域指定
4.建築基準法22条・23条指定区域
5.その他の地区・区域指定(風致地区・日影規制地区・緑化地域等)
6.建築協定の有無
7.高度地区指定・斜線制限
8.絶対高さ制限
9.外壁面後退
10.日影規制
11.敷地面積
12.面積等制限(建ぺい率・建築面積の限度・容積率・延べ面積の限度)
道路関係調査事項
・基準法上の道路の扱い、道路種別
敷地関係調査事項
・敷地境界
設備関係調査事項
・給排水設備関係
・電気、ガス設備
資料等関係調査事項
・土地謄本、建物謄本、その他関連図書
・公図、地積測量図、建物図面

■ご利用に際してのご注意

・具体的な調査方法や諸条件によりお取引内容が異なります。

・2009年12月現在、東京・神奈川・千葉・埼玉限定でのサービスとなっております。


お問い合わせはこちらから

  • 地盤調査・解析・対策
  • 地盤サポートシステム
  • 地盤調査
  • 地盤解析
  • 地盤対策
  • SDS®試験
  • SDS®試験
  • SDS®ロゴの使用について
  • 液状化判定
  • 液状化判定
  • 基礎設計
  • 基礎地業設計(構造計算による杭配置)
  • 直接基礎設計
  • 片持ち梁基礎設計
  • 深基礎設計
  • 敷地現況測量・役所調査
  • 敷地現況測量・役所調査
  • 住宅検査(ホームインスペクション)
  • 建物検査システム
  • 定期点検サービス
  • 住宅インスペクション
  • 住まいづくりをサポートする多彩なサービスメニュー
  • 暮らしを守る「土地情報レポート」
  • 土壌汚染調査
  • 地震保障プラン
  • 太陽光発電架台用基礎
  • 特殊建築物等定期報告制度
  • 省エネ法に基づく定期報告制
  • 地質がわかる新しい地盤調査。SDS®試験
  • 各種資料ダウンロード
  • Q&A
  • 地盤その他の関連情報