サービス

表層地盤改良工法

1.工法概要

表層地盤改良は、セメント系固化材と原位置土を撹拌・混合・転圧し、安定処理地盤を構築する工法。

2.適用基準

項目 適用条件等
改良深さ 0.5m〜2.0m
改良範囲 基礎底盤端から0.5m以上外側
改良厚さ 0.5m〜2.0m
下部地盤 Nsw = 4以上
下部地盤層厚 2.0m以上
設計基準強度 Fc = 150kN/m2
材料 セメント系固化材、原則 六価クロム低減型、粉塵抑制型が望ましい
配合 添加量 100kg/m3以上

適用基準イメージ図
適用基準イメージ図

3.支持力の検討

改良地盤の検討は、改良地盤底面における設計荷重に対して地盤の長期許容支持力
度を超えないように、また、改良地盤内の応力が許容値を超えないように検討する。

(1)接地圧の算出

q1 = ΣW/B

q1: 平均接地圧(kN/m2
ΣW:単位長さ当たりの建物荷重(kN/m)
B:布基礎ベース幅(m)

(2)設計基準強度

Fc = (1-m・V) quc

Fc = 150kN/m2

(3)改良地盤の長期許容鉛直支持力の検討

改良地盤の長期許容鉛直支持力qa1を求め、改良地盤に伝達した家屋荷重が未改良地盤に支障なく伝われば建築物に有害な沈下が生じない。

q1 ≦ qa1 = 1/3・Fc

q1:平均接地圧(kN/m2
qa1:改良地盤の長期許容鉛直支持力度(kN/m2
Fc:設計基準強度

(4)改良地盤の設定

改良幅、改良深さを設定する。

(q´、B´、L´を設定する)

(5)改良地盤底面に作用する分散応力の検討

q´ = (q1・B・L)/(B´・L´)+γ(H-Df)(kN/m2

q´:改良地盤底面に作用する分散応力(kN/m2
q1:基礎底面に作用する平均接地圧(kN/m2
B:基礎底面の幅(m)
B´:分散後の長さ(m)
B´ = B+2(H-Df)tanθ
L:基礎底面の長さ(m)
L´:分散後の長さ(m)
L´ = L+2(H-Df)tanθ
Df:基礎の根入れ深さ(m)
H:地表面から改良地盤底面までの深さ(m)
θ:荷重の分散角度(1:2 θ≒26.7°)
γ:改良土の単位体積重量(kN/m3)

(6)未改良地盤の長期許容鉛直支持力度の検討

q´ ≦ qa2
・SWS試験の場合
qa2 = 1/3・(90・Wsw+1.92・Nsw

q´:改良地盤底面に作用する分散応力(kN/m2
qa2:未改良地盤の長期許容鉛直支持力度(kN/m2

(7)未改良地盤の沈下量の検討

S ≦ Sa

Sa:小規模建築物の許容沈下量(cm)
S:未改良地盤の沈下量(cm)

(8)パンチング破壊の検討

・布基礎の場合
qmax ≦ 1/3・2・c´・D/B+qa2

qmax:最大鉛直荷重度(kN/m2
c´:改良地盤のせん断強度(kN/m2
c´ = 1/2・Fc
Fc:改良地盤の設計基準強度(kN/m2
D:基礎以深の改良厚さ(m)
B:基礎の幅(m)
qa2:改良地盤底面下の地盤の長期許容支持力度(kN/m2

  • 地盤調査・解析・対策
  • 地盤サポートシステム
  • 地盤調査
  • 地盤解析
  • 地盤対策
  • 湿式柱状改良工法
  • 小口径鋼管工法
  • 表層地盤改良工法
  • 地盤改良工法施工基準
  • 地盤改良設計支援
  • SDS試験
  • SDS試験
  • 液状化判定
  • 液状化判定
  • 基礎設計
  • 基礎地業設計(構造計算による杭配置)
  • 直接基礎設計
  • 片持ち梁基礎設計
  • 深基礎設計
  • 敷地現況測量・役所調査
  • 敷地現況測量・役所調査
  • 住まいづくりをサポートする多彩なサービスメニュー
  • 暮らしを守る「土地情報レポート」
  • 建物検査システム
  • 土壌汚染調査
  • 地震保障プラン
  • 特殊建築物等定期報告制度
  • 省エネ法に基づく定期報告制
  • 地質がわかる新しい地盤調査。SDS試験
  • 各種資料ダウンロード
  • Q&A
  • 地盤その他の関連情報