2022.01.27お知らせ

安全・安心なくらしをサポート。地盤調査・解析実績、累計200万棟へ。

おかげさまで200万棟

 

地盤調査スタートから29年、約30,000社に選ばれ地盤調査のスタンダードに

戸建住宅の地盤調査・建物検査を手掛けるジャパンホームシールド株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:斉藤武司、以下JHS)は、提供する地盤サポートシステムをはじめとした地盤調査・解析実績が累計200万棟を突破したことをお知らせいたします。

 

上記のロゴは、お客様や社会のニーズに地盤調査・解析・情報提供などで応えることが信頼の結びつきを強くし、実績と安心の輪につながったことをイメージしています。

 

JHS_HISTORY

 

JHSでは、建物を建てる前に地盤を調査し、不同沈下しない地盤の品質を長期にわたって保証する「地盤サポートシステム※」を1993年より展開しています。サービス開始以降、実績を重ね、2021年12月末、地盤調査・解析実績の件数が累計200万棟を突破いたしました。※1993年~2008年までは「地盤保証システム」

 

JHSは、工事会社とは別の解析専門会社として、中立な第三者解析を行っています。膨大な地盤情報に有資格者の知見を組み合わせ、安全で経済的な地盤対策を提案してまいりました。

 

私たちの強みは、地盤に関するサービスだけでなく多様な事業を展開していること、全国ネットワーク(営業・FC店・協力会社)、技術力と品質の高さ、調査・検査実績などから得た知見(独自の解析基準や基幹システム)にあります。そして、厳格な品質管理を行うことで、全国どこでも高水準のサービスを提供できる仕組みを構築しています。

 

▶地盤サポートシステムについてはこちら

 

また、地盤サポートシステム以外にも、地盤サポートマップやSDS試験、B-STR(ビーストラ)、アイランドベース、建物検査等、地盤と建物にまつわる様々なサービスを提供しています。

 

▶JHSのサービスサイトはこちら

 

くらしを創る人々のソリューションパートナーとして

 

代表取締役社長 斉藤 武司

1990年の創業から本日まで、多くの住宅建築に携わらせていただき、この度200万棟という地盤調査実績を残すことができました。

 

今年は、新しい特許技術「AI土質解析手法」や「液状化リスク判定に活用できる土の採取装置」、安全性と経済性を両立する新工法など、新サービスを順次お届けしていく予定です。

 

私たちのミッション「地盤と建物の技術を拓き、確かな品質で、より良いくらいの未来を創造する」に基づき、お客様に寄り添う姿勢を大切に、ソリューションの展開に取り組んでまいります。

 

 

ABOUT US

商号 : ジャパンホームシールド株式会社

代表者 : 代表取締役社長 斉藤武司

本社 : 〒130-0026 東京都墨田区両国2丁目10−14 両国シティコア17F

設立 : 1990年3月1日

事業 : 地盤調査及び関連業務、建物検査業務、構造設計業務

企業サイト : https://www.j-shield.co.jp/

サービスサイト:https://service.j-shield.co.jp/

 

 

【お問い合わせ先】

ジャパンホームシールド株式会社 経営企画部  広報課

TEL: 03-5624-1545 / https://www.j-shield.co.jp/form/form.htm

The following two tabs change content below.
JHS LIBRARY 編集部

JHS LIBRARY 編集部

一人でも多くのお客様の安全・安心な住まいづくりを支えたいという想いから「JHS LIBRARY」をスタートしました。地盤から法律知識、住宅会社様のユニークな取り組みなど様々な情報をお届けします。

このエントリーにコメントする