2018.12.14お客様の声

構造計算に基づく地盤改良設計が、確かな安全性とオーナー様の安心感に。/ハーバーハウスさん

ハーバー様

建築部 構造申請課 課長 五十嵐丈二さん(左)と係長 清水努さん(右)

「全棟構造計算」を実施することで知られるハーバーハウス様に、ジャパンホームシールドの地盤改良設計「B-STR(ビーストラ)」や基礎工法「グリッドポスト基礎」を採用した背景とそのメリットについて話を伺いました。

 

年間300棟超の施工実績の秘訣を教えてください。

新潟で新築住宅を提供するハーバーハウス様には、年間300棟超の戸建住宅の施工実績があります。これだけの実績を積み重ねられる理由は、集客から成約への流れにあるそうです。

 

「見学会から設計相談をしています。口コミやホームページからオープンハウスに来ていただき、一度来ていただくとと再訪していただけます。次は友人を誘ってどうぞ、という風に広がっています。」見学会の来場者には、土地も含めて相談に来る顧客も少なくないそうです。

 

なぜ、全棟で構造計算を?

ハーバーハウス様は10年以上前から全棟建物の構造計算を実施しています。さらに、2013年頃からジャパンホームシールドが提供する「B-STR(ビーストラ)」を全棟で採用し、基礎と地盤改良設計で安全性の確認を行っています。

 

こうした取り組みについて、オーナー様からは「安心できる」と評価の声が聞かれる一方で、「当然やっているもの」と考えているオーナー様も多くいらっしゃるとか。「安全を確認していない車には乗らないのと同様に、建物の安全性を確認しているだけ。当社としては当たり前のことをやっている」と清水係長は語ります。

 

基礎の構造計算「B-STR(ビーストラ)」のメリットとは?

2013年頃から取り組んでいる基礎の構造計算ですが、五十嵐課長は「B-STR(ビーストラ)を活用すれば、建物と地盤を一体で計算することができます。これでお客様へ根拠をもって提案できると考えて採用しました。」と言います。

 

一般的な改良杭の配置はスパンごとに決められますが、「B-STR(ビーストラ)」では計算根拠に基づいた杭の最適な配置が可能になり、それがオーナー様にとっての安心感につながります。

 

「地盤調査は本来時間のかかる作業で、経験がないとできないこと。盤と建物の両方で経験値を持っている会社は少なく、本来は自分たちでやらなければならないところをジャパンホームシールドさんにやってもらっているので、非常に助かっています。」(五十嵐課長)

 

 

地盤改良設計 B-STR(ビーストラ)の 計算ロジック

1.建物荷重を算出

 

2.基礎への荷重負担を計算

 

BSTRロジック2-

 

3.改良杭・基礎補強を計算

 

B-STR (ビーストラ)のメリット

1.  計算根拠に基づいた最適な杭配置が、オーナー様の安心感に

2. 基礎補強の提案や補強杭の最適化により、安全性を保ちながらコストダウンも

 

ハーバーハウス様によると、新潟県の地盤の約7割が脆弱なものといいます。だからこそ、安心・安全を築くために全棟構造計算を行うほか、地盤に関してはジャパンホームシールドと連携しています。

 

具体的には、SDS試験による地盤調査を全棟で行い、補強が必要な場合は、「B-STR(ビーストラ)」により最適な地盤改良設計を行います。そして、不同沈下しない地盤品質「20年保証」を提供しています。

 

「グリッドポスト基礎」で広がる選択肢

ハーバーハウス様はジャパンホームシールドの基礎工法「グリッドポスト基礎」も採用しています。「グリッドポスト基礎」は、建物基礎内部の立上り部分をプレキャストのコンクリート部材に代えることで、基礎工事の作業効率向上やコストダウンを可能にするもの。

 

安定した品質と寸法精度を確保できるほか、基礎の立上りがないことから床下の空気を停滞させず、床下メンテナンスも容易に行えます。配管・配線の自由を確保できるといったメリットも備えます。

 

グリッドポスト基礎採用のメリット

1. 床下通風性の確保

オープンな内部空間が、床下の空気を停滞させません。

GP写真1

出典:J建築システム(株) グリッドポスト(GP)基礎工法施工マニュアルより一部編集/施工現場

 

2. 床下メンテナンスが容易

基礎の立上りがなく、床下メンテナンスが容易にできます。

GP写真2

出典:J建築システム(株) グリッドポスト(GP)基礎工法施工マニュアルより一部編集/床下配管例

 

 

今回は、オーナー様が全館空調システムの導入を要望したことから、床下空調で空気の流れを十分に確保できる同工法をハーバーハウス様は提案。当初、オーナー様は「不安を感じているが、難しいことはわからない」という状態でしたが、空調効果のある床下空間や基礎断熱など、従来なかったメリットを順序よく説明することで理解が得られたそうです。

 

ハーバーハウス様はジャパンホームシールドと連携し、オーナー様に提供する選択肢をさらに広げながら、確かな技術に基づいた安全・安心の家づくりを実現していきます。

 

>B-STR(ビーストラ)についてはこちら

>B-STR開発者インタビューはこちら

>お問い合わせはこちら

 

The following two tabs change content below.
JHS LIBRARY 編集部

JHS LIBRARY 編集部

一人でも多くのお客様の安全・安心な住まいづくりを支えたいという想いから「JHS LIBRARY」を制作しました。地盤から法律知識、住宅会社様のユニークな取り組みなど様々な情報をお届けします。

このエントリーにコメントする